お金の教室【税金編】

当たり前だけどちゃんと知っておきたい税金のこと~サラリーマンの税金編~

タイトルにある通り私たちは生活の中で税金と当たり前のように関わっているので、当然理解しているつもりになっています。

しかしながら、資産形成の知識同様に実は税金についてもきちんと学ぶ機会はなかなかありません。税金は生活から切っても切り離せない当たり前に関わるものだからこそなんとなくわかっているだけではなく、きちんと理解しておきたいですよね!

金融庁が言っている「最低限身に付けるべき金融リテラシー」に税金は入っていませんが、お金と非常に密接な関係にある税金の知識を正しく身に付けることは間違いなく金融リテラシーは向上させるはずです。

そこで今回から「税金編」として当たり前だけどきちんと理解しておきたい税金のことを記事にしてお届けしていきたいと思います!

まず初回は「サラリーマンの税金編」として基本的なところから解説していきたいと思います。

<この記事でわかること>
・給料から天引きされている税金
・年末調整の意味

 

給与天引きされている税金とは?

kurisan
kurisan
まずは給与天引きされている税金について説明していきますね!

よく手取り年収とか手取り月収とか聞きますよね👂

当たり前に使われていますが、これはサラリーマンの場合、給料から様々なものが天引きされた後の金額が振込されているため、このような表現がよく使われます。

その中でよく聞くのが源泉徴収という言葉です。

〇源泉徴収とは?

会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士、弁護士、司法書士などに報酬を支払ったりする場合には、その支払の都度支払金額に応じた所得税及び復興特別所得税を差し引くことになっています。
そして、差し引いた所得税及び復興特別所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。

出典:国税庁ホームページ

kurisan
kurisan
このように源泉徴収とは所得税の徴収に関するものになります
beginner
beginner
でも他にも給与天引きされているものってありますよね?
kurisan
kurisan
そうですね!一般的に所得税の他に住民税や社会保険料が差し引かれています!
beginner
beginner
住民税や社会保険料は源泉徴収ではないんですか?
kurisan
kurisan
源泉徴収はあくまで所得税の徴収です。住民税は特別徴収として、社会保険料は単純な徴収として給料から天引きされています
beginner
beginner
なるほど💡天引き=源泉徴収ではないんですね!
kurisan
kurisan
そうですね!大きく言えば同じ給料天引きですが、その仕組みはそれぞれ違うので理解しておきたいところですね!

住民税は地方自治体へ納める地方税の一つです。住民税の納付方法には普通徴収と特別徴収という2種類の方法があります。

普通徴収とは「自営業者やフリーランス」の方を対象とした徴収方法で納税者である自営業の方などが地方自治体から交付された納税通知書によって直接納税を行う方法です。

一方で給与の支払いを受けているサラリーマンの方などを対象とした徴収方法が特別徴収になります。特別徴収は会社が従業員の給与から毎月住民税を天引きして、従業員の代わりに地方自治体へ納付する方法です。

給与天引きされる金額はどうやって決まるの?

kurisan
kurisan
続いて源泉徴収・特別徴収される金額がどのように計算されているか見ていきましょう!

〇所得税の源泉徴収額

所得税は所得が高いほど税率が高くなる累進課税制度。税率は5%~45%まで7段階。現在はこれに復興特別所得税が上乗せされています(2037年まで/税率2.1%)

・源泉徴収額の計算

①その月の給与支給額から社会保険料・雇用保険料を差し引く

②差し引いた金額を「源泉徴収税額表」に照らし合わせて源泉徴収額を決定

所得税はその年の所得に対して支払う税金です。ただし源泉徴収はあくまで概算によるものです。
kurisan
kurisan
概算で源泉徴収された税額と正しい税額を1年に1回清算する手続きが年末調整です!
beginner
beginner
なるほど💡年末調整とはそういう意味なんですね!

〇住民税の特別徴収額

住民税は均等割と所得割の合計によって決まります。均等割は所得に関係なく課税されるものです。所得割は所得金額の10%で、所得に関係なく税率は一律です。

・特別徴収額の計算

①均等割:一律5,000円(道府県民税1,500円・市町村民税3,500円)※復興特別住民税1,000円が上乗せされている

②所得割:前年の所得金額の10%(道府県民税4%・市町村民税6%)※標準税率。自治体により異なる場合あり。

均等割と所得割の合計額が住民税額となり、その金額を12分割つまり毎月給与天引きで支払うことになる。

住民税は前年の所得に対して支払う税金です。前年の1月から12月の所得に対して、当年6月~翌年5月に分けて特別徴収されます。
beginner
beginner
住民税は前年の所得に対して課税されているんですね🤔
kurisan
kurisan
そうですね!所得税とは課税のタイミングが違いますので理解しておきたいところですね!

年末調整は所得税の清算手続きのこと!

kurisan
kurisan
見てきて頂いてわかる通り、年末調整とは概算で源泉徴収された所得税と各種控除などを加味して計算される正しい税額との清算手続きの事をいいます!
beginner
beginner
住民税にとっては年末調整は関係ないんですか?
kurisan
kurisan
住民税は前年の所得に対して確定した金額が差し引かれていますので、所得税のように清算という意味合いはありません。ただし、年末調整によって作成される源泉徴収票をもとに翌年の住民税額が計算されますので無関係ということはないですね!
beginner
beginner
なるほど💡所得税にとってはその年の税金の清算するため・住民税にとっては翌年の税額の計算のために年末調整は大切なんですね!
kurisan
kurisan
その通りです!年末調整については別の記事で詳しく解説していきたいと思いますので、今回はその意味合いを理解していただければ大丈夫です!

 

いかがでしたでしょうか?

今回からスタートしました「税金編」ですが、最初はサラリーマンの給与から天引きされている所得税と住民税についての簡単な仕組みを解説いたしました。

これからも身近な内容をできるだけ理解してできるように解説していきたいと思いますので参考にしていただければと思います!

では今回はこの辺で(@^^)/~~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA