未分類

生命保険の月って知ってますか?

10月も半ばに差し掛かりましたが、例年であるとこの時期になると各保険会社のCMをやたら目にするようになったり、営業職員の方たちからのアプローチがやたらと多くなったりします。

beginner
beginner
確かに私もこの時期に保険に加入した気がします
kurisan
kurisan
それは11月が”生命保険の月”と呼ばれる月だからですよ!
beginner
beginner
生命保険の月?
kurisan
kurisan
生命保険の月は業界のオリンピックとも呼ばれる保険会社の中の一大イベント月です
beginner
beginner
なるほど。11月ってそんな月なんですね

ということで今回はもうすぐ始まる*生命保険の月について説明していきたいと思います。

*さすがに今年はコロナの影響もあり各社自粛するのではないかと思います。

<この記事でわかること>
・生命保険の月の意味
・生命保険の月でお得なことは何もない

 

生命保険の月の始まりは?

kurisan
kurisan
まず生命保険の月とは何かという点から説明していきます

そもそも生命保険の月というのが生まれたのは今から70年以上も前になる昭和22年のことです。

当時の日本経済は第2次世界大戦により大変な打撃を受けていました。保険業界も例外なくその影響を受けて壊滅的な状況であったと言われています。

その状況を見かねて当時のGHQの保険担当官から生命保険協会に対し「11月を生命保険の月として奨励運動をしてはどうか」という提案があったそうです。

生命保険協会はこの提案を受け入れて、全生保再建に向けて生命保険の奨励運動を大々的に行ったのが始まりとされています。

そして本来的な意義は生命保険の普及・啓蒙活動であり、その重要性や保険の内容をより多くの人にご理解いただくための運動であったのです。

beginner
beginner
なるほど!そうやって11月が生命保険の月と呼ばれるようになったのですね
kurisan
kurisan
そうなんです!それが脈々と現在まで受け継がれているんです

生命保険の月の現代的な意味

生命保険の月は戦後の壊滅的な状況から立ち直り、生命保険の啓蒙活動を全社をあげて行う事でその普及を行う事が目的でした。

現在ではどうでしょうか?生命保険の世帯普及率は90%近くと言われています。つまりほとんどの方は生命保険はに加入しており、日本では生命保険は普及したといっていい状況です。

そのような現状や本来的な意義から考えれば、現在加入頂いているご契約者に改めて保険の意義やその内容をしっかりとご理解いただくことが生命保険の月の役割と言えるでしょう。

しかし、実際の生命保険の月の意味合いは全く異なります。

大義名分は上記のような理由ですが、現在では「通常より多くの契約を獲得するための月」としてノルマが通常の2~3倍になります。

そのため「キャンペーン月」とも呼ばれ、冒頭にお伝えしたようにCMをたくさん放送したり、営業職員の方たちがノルマ達成のために必死に保険を販売するため、この時期は保険に加入している人が多いのです。

保険のキャンペーン月にメリットはあるのか?

kurisan
kurisan
保険のキャンペーン月というのは契約する側にとっては全く持ってメリットはありません!!
beginner
beginner
えっ💦全くないんですか?一つくらいは…
kurisan
kurisan
いえ、全くありません!ゼロです!

保険業第300条に保険募集に関する禁止行為というのが定められています。

その中に「特別な利益の提供の禁止」という条項があります。

それによれば保険募集人が契約者または被保険者に対して保険料の割引、割戻し、その他特別利益の提供を約束すること、または提供することを禁止しています。

例えば、車や家電などで言えば3月などの年度末は決算前なので、交渉などによっては通常より大きな割引をしてくれたりしますよね!

しかし、保険は割引や割戻など契約者に利益になるようなことが出来ないと法律上決まっているんです。そのため、キャンペーン月だから保険料が安くなるとか1か月分割戻があるとか、そういったメリットは一切あり得ないんです!

そのため「保険会社のキャンペーン月だから」というのは「単なる保険会社のノルマの都合」であるということです。

本来的な意義から考えれば、現在加入頂いているご契約者に改めて保険の意義やその内容をしっかりとご理解いただくことが生命保険の月の役割と言えるでしょう。そしてその結果としてお客様が保険について再検討されることが増え保険の契約が増えるということであればまだ理解できます。

しかし、現状は「生命保険の月=ノルマが倍増する月」でしかありません。

ですので「キャンペーン月だからお願い」などというお客様にとって何のメリットもないただのご都合主義のお願い募集が未だに横行しているのです。

beginner
beginner
そうだったんですね…生命保険の月いや保険会社のキャンペーン月のことがよくわかりました
kurisan
kurisan
キャンペーン月だからと言ってくる人とは距離をとった方がいいですね!

いかがでしたでしょうか?

個人的には「生命保険の月」ということが存在するのは否定しません。しかし、その意義が見失われ保険会社が「ノルマを増やすための口実」になっていることに納得はいきません。

そのため現在でも契約内容もわからないまま、必要のない見直しをさせられたり、不要な保険に加入させられて必要以上に高い保険料を支払ったりしている方が多くいらっしゃいます。

このようなことをしていてはいつまでたっても保険業界のイメージはよくなることはないでしょう。早くこのような現状が変わることを切に願います。

しかし、残念ながら保険業界がそんなに簡単に変わるとも思えません。今できることと言えば一人ひとりがマネーリテラシーを身に付け、適正な保険の加入の仕方を理解することで、不要な保険商品に加入しないことでしょう!

では今回はこの辺で(@^^)/~~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA