お金の教室【保険編】

保険を見直したい!結局誰に相談すればいいの?

beginner
beginner
生命保険の見直しについて勉強してきたんですが、いざ見直すとなると誰に相談するのがいいんですか?
kurisan
kurisan
なかなか難しい質問ですね💦いくつか方法があるのでそれぞれの特徴を見ていきましょう!
<この記事でわかること>
・保険に加入する方法と特徴
・おすすめの方法とおすすめできない方法の理由

 

生命保険に加入する方法と特徴

生命保険に加入する方法には以下のような方法があります。

①保険会社一社専属の営業職員・保険代理店

②乗合保険代理店(訪問販売型)

③乗合保険代理店(来店ショップ型)

④銀行窓口

⑤ネット生命保険

※他にも保険仲立人(ブローカー)などもありますが、日本ではあまり一般的ではないので今回は代表的な上記5つについて解説していきます。

beginner
beginner
保険に加入するにもこんなに色々な方法があるんですね
kurisan
kurisan
そうなんです!まずはそれぞれの特徴について解説していきますね!
①保険会社一社専属の営業職員・保険代理店

「保険会社一社専属」というのは所属している保険会社の商品のみ取り扱えるということです。

従来の伝統的な保険会社の営業職員の方や外資系生命保険のプランナーと呼ばれるような方々がここに属します。また、保険会社の社員ではないんですが、一つの保険会社とだけ代理店契約をしている保険代理店はその保険会社の商品のみを取り扱うことが出来ます。

おそらく「保険」と言って一番に思い浮かべるのがこのような方々ではないでしょうか?

メリット・デメリット

・メリット

加入の手続きやその後の各種手続きなども担当者がフォローをしてくれる

・デメリット

その保険会社の商品しか加入できない

担当者が入れ替わる可能性が非常に高い

②乗合保険代理店(訪問販売型)
乗合保険代理店とは複数の保険会社と契約をしている代理店のこと

乗合代理店は複数の保険会社と契約をしているので、契約している保険会社の商品を取り扱うことが出来ます。契約している保険会社は代理店により異なり2社~数十社というところまで様々です。

あくまで代理店が契約している保険会社の商品を取り扱えるのであって全ての保険会社の商品を取り扱えるわけではありません。
メリット・デメリット

・メリット

いくつかの保険会社の中から比較検討して商品を選択することが出来る

・デメリット

代理店によって取り扱っている保険会社が異なる

担当者が入れ替わる可能性が高い

③乗合保険代理店(来店ショップ型)

代理店としての基本的な仕組みは②と同じですがこちらは「来店ショップ型」なのでお客様が自らお店に行って保険に加入する仕組みになります。

ほけんの〇〇とか保険〇〇本舗などよくショッピングモールなどにお店があるのでみなさんも一度は目にされたことがあるのではないでしょうか?

メリット・デメリット

・メリット

いくつかの保険会社の中から比較検討して商品を選択することが出来る

「担当者」ではなく「お店」でフォローしている場合が多く、お店に行けば手続きなどができる

・デメリット

代理店によって取り扱っている保険会社が異なる

お店がなくなってしまうと別の店舗へ行かなければいけなくなる

④銀行窓口

銀行窓口も基本的には③乗合代理店(来店ショップ型)と思っていただいて構いません。銀行の窓口が保険ショップも併設しているといった感じです。

メリット・デメリット

・メリット

来店型の保険ショップより身近に窓口がある

・デメリット

取扱い商品が限られている場合が多い

どちらかと言うと預金者に対して貯蓄型保険を勧めることが主目的

⑤ネット生命保険

ネット生命保険は「ネット専業の生命保険会社」と「保険会社の商品の中でネットでも契約できる商品がある」ものがあります。

いずれにせよ、見積もりから加入手続き・その後の手続きなど全てネット(もしくは郵送)にて完結する。

メリット・デメリット

・メリット

一般的には対面型の保険商品より保険料が安い

・デメリット

取扱い商品が限られている

手続きを全て自分で行わなければならない

beginner
beginner
なるほど。それぞれ特徴がありますね
kurisan
kurisan
続いてはもう少しその特徴に踏み込みながらおすすめがどこか検討していきたいと思います!

おすすめしない相談先

まず今まで見てきた中で一つの結論をお伝えすると

全ての保険商品の中から公正・中立に保険商品を提案してくれるところは存在しない

という事です。

一社専属の方はその保険会社の商品のみですが、乗合保険代理店もあくまで代理店が契約している保険会社の商品しか取扱いできません。もちろん数十社というほとんどの保険会社と契約している大型の保険代理店もありますが全てではありませんのでご注意ください。

そして、それぞれメリット・デメリットがあるので絶対にこうすべき!という答えもないというのが結論です。

しかし、それではスッキリしないので、ここからは私の主観に基づいてお伝えしていきたいと思いますが、まずはおすすめしないものからお伝えしていきます。

まず一番避けた方がいい方法としては④銀行窓口でしょう。

理由としては、そもそも販売している方は銀行員であり、預金者に対する「貯蓄型保険」の販売が主であり「保障」を販売することが目的でないため「保障」の考え方など基本的な知識に疑問を感じるためです。

外貨建て保険の販売でトラブルが圧倒的に多いのが銀行であることからもその点を物語っているように思います。

続いて避けた方が良いのは①保険会社一社専属の営業職員・保険代理店でしょう。

理由としては、専属の方は取り扱っている保険会社の商品を販売することが目的だからです。どんなにお客様のためと言っても、その保険会社の商品しか勧められません。

例えば、お客様の状況や考え方から「収入保障保険」がぴったりな保険だとなったとしても「収入保障保険」を取り扱っていない保険会社であれば、様々な理由を並べてその保険会社の商品を提案されることになります。

どれだけ優秀な担当者でもないものを販売することは出来ません。

よく商品ではなく「担当者」を気に入ったから加入すると言われることがありますが、それはその方の価値観なので全く否定するつもりはありません。

あくまで合理的かつ個人的な見解で言えば、いざという時に守ってくれるのは「保険商品」であって「担当者」ではありません。

ですので、基本的には自分に合った「保険商品」を選択すべきだと私は考えています。

続いておすすめしないのは乗合代理店(訪問販売型)です。

理由としては断るのが面倒だからです(笑)

乗合代理店はいくつかの保険会社の中から比較検討できるため、一社専属の方よりも自分に合ったものを見つけやすいと思います。だからといって必ず見つかるとも限りません。

そうなった場合、訪問販売型の場合は自宅や勤務先、もしくは代理店の事務所などで商談するため、断りづらい雰囲気になるのは間違いありません。特に日本人は断るのが苦手な方が多いように感じます。

その点来店ショップは年齢と性別だけ伝えれば見積もりが出来ますので、自分から来店しない限りしつこい連絡などの勧誘にあう事もないので使い勝手がいいでしょう。

もちろん、私はきっぱり断れるという方は色々な乗合代理店の担当者にアポを取っていくつか提案を持ってきてもらえば自分に合ったものを見つけることが出来るでしょう!

おすすめの相談先は?

残ったのは③乗合保険代理店(来店ショップ型)⑤ネット生命保険です。

beginner
beginner
来店ショップかネットか?どちらがおすすめなんですか?
kurisan
kurisan
おすすめはこの2つの併用です!

・ネットで検索していくつか見積もりをする

・来店ショップで類似の商品で安いものがないか見積もりをしてもらう

生命保険は条件によってはネットより安い保険も結構あります

といった感じでしょうか。

kurisan
kurisan
しかしこれに大切な前提が1つあります!
beginner
beginner
大切な前提とは?
kurisan
kurisan
それは自分自身で保険についての最低限の知識を身に付け、ご自身に必要な保険が何かを把握しておくことです!
結論

丸腰(知識がないまま)ではどんな相談先もNG!

beginner
beginner
えーーーっ💦結局は自分で勉強しないといけないんですね💦
kurisan
kurisan
その通りです!自分で必要な保険を理解したうえで具体的な商品選びだけを相談するというのが一番理想的ですね!

まず何の知識もなければネット生命保険が安いからと言ってもそもそも自分に合った保険を選ぶことが出来ません。

そして知識がないまま来店ショップに行けばどんなにお客様にあったものを選びます!といったところで保険を販売するのが仕事なので必要ないものまで契約させられる可能性が高くなります。

ある大手来店ショップの成約率は約55%とも言われています。来店した2人に1人以上保険に加入しているという事です!

しかし本当にそんなに高確率で保険の必要性がある方ばかりが来店されるでしょうか?

丸腰で来店すれば高確率で保険に加入させられるということです。

まとめ

保険は間違うととても高い買い物になります。まずは自分でしっかりと知識を身に付けましょう!

しかし、全ての保険会社の商品スペックまで把握する事は不可能です。ですので、個別の商品の選択をする部分だけを「ネット」と「来店ショップ」を活用して合理的かつ安い商品を見つけるようにしていきましょう!

最後に自分で勉強するのが嫌だから保険を販売していない独立系のファイナンシャルプランナーに有料相談するという方法もあります。

私も普段はそのような相談を受けています。

自分で相談を受けていながら言うのもなんですが、出来れば自分で勉強されることをおすすめします(笑)

なぜなら独立系のファイナンシャルプランナーは保険を販売しないので中立にアドバイスが出来ますが、最終的に「保険を見直す」という「行動」を起こすのはお客様自身です。

私のお客様の中にもせっかくお金をお支払いいただいてご相談されたにも関わらず結局見直しをしていないという方がいらっしゃいました。

「人にアドバイスしてもらう」のと「自分で学ぶこと」ではその後の行動につながる確率が圧倒的に違います!やはり自分で得た知識の方が行動に結びつきやすいんです!

ですので繰り返しになりますが、まずは自分で知識を身に付けていくことが大切でしょう!

beginner
beginner
そうですよね!行動しなければ意味がないですもんね!
kurisan
kurisan
その通りです!正しい知識も使わなければないも同然です!知識を身に付けてしっかりと行動に移していきましょう!

このブログをご覧いただいている方はその時点で意識の高い方ですので、余計なお世話のような記事になりましたが少しでも参考になれば嬉しいです(^^♪

だらだらと長くなってしまいましたが今回はこの辺で(@^^)/~~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA