お金の教室【基本編】

保険の考え方

なぜ保険に加入するのか?

支出を見直してみませんか?の記事を読まれた方は固定費の見直しとして保険を見直したいと思われた方は多いと思います。

それもそのはず日本では保険に加入されている方がほとんどだからです。生命保険の加入率はなんど約80%です!!日本は本当に保険大国なんですよね。

ですので固定の見直しをしようと思った時ほとんどの方があてはまるのが「保険の見直し」なんですね。

具体的な保険の見直しのポイントを見ていく前にまず理解しておくべきことがあります。

その1つが「なぜ保険に加入するのか?」を理解することです!

いやいや、そんなことは百も承知です。だから保険に加入しているんだよと言われそうですが、これがまず1番大切なポイントなんです。

なぜ保険に加入するのか?と質問すると多くの方は

・自分が亡くなったときに家族に迷惑をかけたくないから

・病気した時の治療費のため

・火事で家が燃えてしまったときのため

・自動車で事故を起こした時のため

などの回答がほとんどだと思います。これは半分正しいですが、答えとしては不十分です。

ではなぜ保険に加入するのか?というと「死亡や疾病、火災や事故(以下保険事故と書きます)などが起こったときに、現在の生活が困窮してしまわないために加入する」ものです。

( ,,`・ω・´)ンンン?わかったようなわからないようなという感じでしょうか?(笑)

逆に言えば「保険事故が起こっても生活が困窮するようなものでなければ保険には加入しなくてよい」という事です。

保険に加入する際にほとんどの方がこの点を十分に検討されないまま加入されていることが多いんです。なので本来であれば自分にとって不要な保険に加入していたり、不要な特約をたくさん付けていたりすることが多いんですね。

自分が入っている保険は本当にそれがないと生活が困窮してしまうような大きな影響を与えるものなのか?そうであれば保険で備えるべきですし、もしそうでなければわざわざ保険で備える必要はありませんので、保険を見直すにあたってはまずその点をしっかりと考えましょう(個別の保険の考え方については別の投稿で解説していきます)

公的保険を理解する

保険を見直す上でもう一つ大切なことはそれは「公的保険」をよく理解するという事です。日本は国見皆保険制度をとっていますので、みなさん必ず公的保険に加入しており、その給付を受けることができるんです。

●主な公的保険

健康保険

病気やケガによる医療費の本人負担を軽減するもの

年金保険

3つの給付機能

老齢年金(老後に受け取る年金)

遺族年金(死亡した時に遺族に支払われる年金)

障害年金(障害が残った際に支払われる年金)

介護保険

介護状態となったときに給付を受けられるもの

他にも労災保険や雇用保険などがあります。

今回の投稿ではそれぞれの公的保険の詳細は書きませんが、みなさんが保険で備えているものは国の公的保険の対象になるものがほとんどです。(ちなみに日本の公的保険制度は世界でもトップクラスに手厚いものです!)

つまり保険で備えるべきものは、以下のような場合のみです。

生活に困窮してしまうようなリスクに対して公的保険を使ってもカバーしきれない場合

保険の見直しのポイント

保険の見直しのポイントは、A社よりB社の方が〇〇円安い!とか、C社の方がこの特約が優れているとかそういった点ではありません。

保険見直しのポイント

①生活に困窮してしまうようなリスクとは何かを把握する

②そのリスクに対しての公的保険のカバー範囲を確認する

③それでも不足分があれば保険でカバーする

保険を見直す際はこの点をまずしっかりと把握したうえで、それから保険を選択していくことが大切です!

いかがでしたでしょうか?今の保険に加入する際にこの点を考えて加入されたという方はいらっしゃいますか?

もしそうじゃなかったという方はもしかしたら、そもそも不要な保険や特約に加入しているかもしれませんね。是非一度ご自身の保険を見直してみてください♪

個別の保険についての考え方はそれぞれ別の投稿で解説していきますので、そちらも参考にしてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA