お金の教室【資産形成編】

リスク=損失がでる危険性?

投資はリスクがあるから怖い。

そのように思われる方もいらっしゃると思います。また、投資を始めてみたいけど投資のリスクってどんなものなの?と思われている方も多いと思います。

このように投資を始めようと思うと必ず「リスク」という言葉がつきまといます。しかし、投資におけるリスクという言葉の意味を正しく理解している方はあまり多くありません。

今回は投資におけるリスクについて説明していきたいと思います。

投資におけるリスクとは?

リスクという言葉を直訳すると危険や危機という意味になります。

ですので、多くの場合投資においてのリスクの意味を、投資で損失がでる危険性と思われている方がいらっしゃいます。

しかし、投資におけるリスクの意味を正しく理解しようとする場合、リスクとは損失を被る危険性ではありません。

リスクとは投資する商品の価格のブレ幅のこと

を言います。

イメージで言うとこんな感じです。

投資商品は価格が上がること(利益がでること)もあれば下がること(損失がでること)もあります。この価格の不確定なブレ幅の事をリスクと呼びます。

つまり、損失がでる危険性(可能性)だけでなく、利益がでる可能性も含めて価格が上下することをリスクと言います。

よく投資商品を話すときにハイリスクとかローリスクとか言いますよね?これは価格がどれくらいブレるのかという視点で語られているんです。

ハイリスクとは価格が大きく上下にブレることを指し、ローリスクとは価格があまり上下にブレないことを指します。

ですので、ハイリスクのものは価格が大きく上昇する可能性もあるので、大きな利益を生む可能性がある一方で、価格が大きく下落する可能性もあるので、大きな損失を生む可能性もあります。つまりハイリターン(プラスもマイナスも)になります。

ローリスクのものは価格があまり上下に動かないので、利益も損失もそこまで大きくはなりません。つまりローリターン(プラスもマイナスも)になります。

一般的に「リターン=利益」「リスク=損失の危険性」のようにとらわれがちですが、正しくは、「リターン=投資の結果(プラスもマイナスもリターン)」「リスク=価格のブレ幅」です。

投資商品のリスク(ブレ幅)はどれくらい?

投資におけるリスクの意味はご理解いただけましたでしょうか?

では投資をするうえで商品のリスクがどれくらいか、要はどれくらい上下にブレるのかは気になりますよね。

もちろん将来のことは確実にはわかりませんが、過去のデータ等からある程度はリスクを把握する事は可能です。

色々なサイトでリスクについてはデータが出ていますが今回はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のデータを参考に掲載します。

出典:GPIFウェブサイト(https://www.gpif.go.jp/gpif/diversification2.html)

こんな感じで、各商品のリスクとリターンの関係が数値で表されています。掲載されているところによって投資先の区分や数値は若干ことなりますがだいたい似たようなものになっています。

これを見ると株式はどちらかと言えばハイリスク・ハイリターン、債券はローリスク・ローリターン、さらに国内か外国かによっても変わってくることがわかります。

問題はリスクが数値で表されていた場合にどのように考えればよいかということです。これがわからないと、投資をするうえで自分がどこまでのリスクをとれるかが把握できませんので、その点について説明していきます。

仮に、ある投資商品の(期待)リターンが5%・リスクが25%と表されていたとします。

この場合、この商品の価格は以下の範囲で値動きするとされています。

約68%(約2/3)の確率で、5%を中心としてプラス25%~マイナス25%の範囲

プラス30%(5%+25%)~マイナス20%(5%-25%)

約95%の確率で、5%を中心としてプラス50%(25%×2)~マイナス50%(25%×2)の範囲

プラス55%(5%+50%)~マイナス45%(5%-50%)

リスクを数値で把握するとはこのようなイメージになります。

つまり、リスクを数値によってできるだけ確実に見積もろうとした場合には、少なくともリスク×2倍*の範囲で値動きするという可能性を踏まえてその商品に投資するかどうかを判断する必要があるということです。

*約95%の確率でこの範囲に収まるのでほとんどのケースが該当すると考えられるため。もちろん5%の確率でこれを上回るブレ幅になる可能性もある(〇〇ショックなど言われる時など)

自分はどれくらいのリスクに耐えられるか?

投資におけるリスクの意味がわかったところで、最後にもっとも重要な事はそれは投資を行おうと考えたときに、自分はどれくらいのリスクまでなら耐えられるか(これをリスク許容度といいます)ということをしっかりと理解することです。

耐えられるリスクの範囲とはつまり、自分は投資商品の価格のブレ幅をどこまで許容できるかということです。この場合、価格が上にブレることは問題ないので、リスク許容度を考えるときには価格が下にどれだけブレるかを許容できるかというのがポイントです。

投資を行う上でリスク許容度は超超超超重要事項ですので、まずは自分のリスク許容度を把握したうえで投資を行っていきましょう!

一般的に株式投資の長期の期待リターンは5~7%くらい、リスクは20%~25%くらいといられています。もちろん投資する商品により異なりますが、これを参考に考えてみましょう。

例えば、先ほどの例のように期待リターン5%・リスク25%とした場合、95%の確率の範囲に収まるようにリスクを考えた場合、投資した資産が最大で-45%減ってしまう可能性があるということです。

もちろん一時的にという事ですし、プラスに大きくブレることもあります。そして価格が上下を繰り返し、長期的に投資を継続した場合、平均すればだいたい5~7%のリターンに収まっていくという事です。

一時的にとはいえ、資産が45%も減ってしまっては困るという方はリスク許容度を超えているため投資すべきではないでしょう。

投資しているお金は長期的に使わないお金であり、安定した収入や別途緊急予備資金としてある程度貯金もあるから一時的な価格の変動は問題ないという方は投資しても問題ないでしょう。

リスク許容度は、収入・職業・資産状況・家族状況・投資目的・投資経験・性格などなど本当にひとそれぞれです。

ですので、自分がどれくらいのリスク許容度がどれくらいなのかを十分に考えたうえで、投資する商品を選んでいく必要があります!リスク許容度を超えて投資をしていたり、そんなことを考えないで投資をするのは、絶対にやめるべきです!

現在は、本当に色々な投資情報が溢れています。これがおすすめ!みたいな情報もたくさんあります。もちろんその情報が間違っているとか信じてはいけないという事を言いたいわけではありません。ただ、その情報だけでを信じて投資を始めることはおすすめしません!

おすすめされている商品のリスクはどんなものなのか?自分が許容できる範囲なのか?しっかりと考えた上で判断するべきです。自分のリスク許容度はどのくらいなのか?しっかりと判断できるようになるためにも、お金について学んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA