お金の教室【資産形成編】

廃止になるけど使える?!ジュニアNISAとは?

NISAについて紹介した記事でジュニアNISAについては触れていなかったので今回はジュニアNISAについて解説してきたいと思います!

beginner
beginner
ジュニアNISAって廃止になるって聞いたんですけど?
kurisan
kurisan
そうなんです。税制改正では新規の投資期間の延長がなかったため、2024年以降は新規の投資ができなくないのが決定しました。
kurisan
kurisan
ただ廃止になる一方で別の改正もあり、むしろ廃止が決まった今の制度の方がメリットがある制度に変わりました!
beginner
beginner
廃止になるのにメリットがある?!
kurisan
kurisan
そうなんです!今回はジュニアNISAの仕組みや改正のポイントについて解説していきますね!
<この記事でわかること>
・ジュニアNISAの仕組み
・ジュニアNISAがおすすめになった理由

 

ジュニアNISAの概要

kurisan
kurisan
それではジュニアNISAの仕組みについて説明していきますね!

ジュニアNISAの正式名称は「未成年者小額投資非課税制度」です。簡単に言えばお子さま用のNISA口座になります。

ジュニアNISAの制度の概要は以下の通りです。

①口座開設出来る方…日本に居住の0歳から19歳の方

②運用管理者…口座開設者の二親等以内の親族

③非課税投資枠…毎年80万円

④投資家の期間…2016年~2023年まで→延長なしが決定

⑤非課税期間…5年間*ロールオーバーにより18歳まで非課税投資が可能

⑥払出制限…18歳までは払出制限あり→改正あり

それでは詳しく説明していきます。

まず①・②については、ジュニアNISAは未成年者の非課税口座なので、口座が開設できるのは未成年の方ですが、実際に運用を行うのは運用管理者(両親など)が代わりに行います。

③・④非課税投資枠は毎年80万円。2023年までで新規の投資が終わりになりますので今年(2020年)から始めた場合、最大で320万円まで投資が可能です。

⑤非課税期間については5年間ですが、20歳になるまでの間は継続管理勘定(ロールオーバー用)で非課税で保有することが可能です。

仮に0歳のお子様で2020年からジュニアNISAを活用したら下のようなイメージです。

ここまでがジュニアNISAの基本的な仕組みです。そしてジュニアNISAが改正によって大きく変わったのが⑥の18歳までの払出制限についてです。

ジュニアNISAの改正点

概要にある通り、改正前のジュニアNISAでは18歳までの払出制限というものがありました。もし18歳前に払出をしてしまうと課税されてしまっていたんです。

例えば、お子さまの高校入学の時にお金が必要だからジュニアNISAの口座から払い出したいとなった場合、払出してもいいけど課税しますよ!となっていたわけです。

これはお子さまの教育資金準備という目的のためとして定められていたものですが、これではジュニアNISAを利用していた意味が全くないですよね。この制限があるためにジュニアNISAは全くと言っていいほど人気がなかったんです!

しかし、今回の税制改正によってこの2024年以降に払い出す場合は18歳までの払出制限というものがなくなりました!

0歳のお子さまであれば2020年から制度を利用して投資できる上限は2023年までに320万円ですが、18年間という長期で非課税運用が可能な上に、2024年以降払出制限はなく必要なタイミングで引き出すことができるようになったという事です!

beginner
beginner
2023年までで 廃止が決まったけど、制度としては利便性が良くなったということですね!
kurisan
kurisan
そうなんです!改正前はジュニアNISAはあまりおすすめの制度ではなかったんですが、改正後のジュニアNISAはかなりおすすめの制度になりました!
ジュニアNISAは途中で金融機関が変更できないので口座開設の際は注意が必要です!SBIや楽天などのネット証券であれば問題ないでしょう!

ご覧いただいてきたようにジュニアNISAは廃止が決定したものの、その反面制度の利便性が高まりました。

以前はジュニアNISAの活用を見送った方、お子さまがいらっしゃるご家庭でNISAやつみたてNISAで限度額いっぱい投資をしているけど、もう少し投資できる余裕があるといった方についてはジュニアNISAを活用してみてもいいのではないでしょうか?

それでは今回はこの辺で(@^^)/~~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA