お金の教室【資産形成編】

特定口座と一般口座どっちを作ればいいの?

前回投資の始め方についてポイントをまとめた記事を投稿しました。☟

「ゼロからの資産形成」投資の始め方! このようにいざ投資を始めよう!と思った時になにから手を付けたらいいのかわからないという方向けに投資を始めるまでの手順について解説...

これから投資を始めようという方はまず証券口座の開設が必要になりますが、そこでいきなりぶち当たる壁が「特定口座」と「一般口座」の違いです。

beginner
beginner
特定口座と一般口座なにが違うんだろう?どっちを開設したらいいの?
kurisan
kurisan
結論から言うと特定口座の方がおすすめですよ!

ではなぜ特定口座がおすすめなのか?そもそも特定口座と一般口座の違いとは何なのか?

今回はこの辺を解説していきたいと思います!

この記事でわかること

・特定口座と一般口座の違い

・特定口座がおすすめな理由

ではさっそく見ていきましょう!

特定口座とは?

kurisan
kurisan
それではまず特定口座について解説していきます

まずこちらが特定口座と一般口座についての違いについてのイメージ図です。

見ていただくとわかる通り、まず一般口座と特定口座の違いは取引の損益計算を「自分で行うか」「証券会社に任せるか」の違いです。

正直自分で行うメリットはないと言っていいでしょう!

つまり、口座をつくるなら「特定口座」がおすすめであるということです!

そして特定口座にも「源泉徴収なし」「源泉徴収あり」の2種類あります。何が違うのかは読んで字のごとくですが、その年の利益に対して源泉徴収があるかどうかという事です。

それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

源泉徴収なし

〇メリット

利益が20万円以下の場合、所得税の確定申告が不要

〇デメリット

利益が20万以上の場合、自分で確定申告が必要

源泉徴収あり

〇メリット

利益が20万以上でも確定申告不要。住民税の納付も不要。

〇デメリット

利益が20万以下でも源泉徴収される。

もう少し詳しく説明していきます。

株式等の売買に伴う利益(譲渡益)には通常

所得税:15%/住民税:5%/復興特別所得税:0.315%/合計:20.315%

が課税されます。

しかし、譲渡益が20万円以下の場合、所得税の確定申告が不要*というルールがあります。

*住民税は確定申告の有無にかかわらず納付が必要です!!

・給与所得者であること

・給与収入が2000万以下であること

・給与所得、退職所得以外の所得が20万以下などの条件があります。

ですので、

・フリーランスなどの個人事業主

・給与収入が2000万超の人

などはそもそも確定申告が必要ですので、譲渡益などの所得が20万以下でも確定申告が必要。

また、

・医療費控除やふるさと納税などで確定申告をする場合も、譲渡益などの所得に関係なく確定申告が必要です。

ですので、譲渡益が20万円以下だった場合、「源泉徴収なし」の特別口座では所得税の確定申告は不要となり所得税15.315%は課税されません。

一方「源泉徴収あり」の特別口座では譲渡益が20万円以下でも20.315%が源泉徴収されますので、手元に残る金額が少なくなります。

逆に譲渡益が20万以上あった場合は、「源泉徴収なし」の特別口座では所得税の確定申告を自分で行う必要がありますが、「源泉徴収あり」の特別口座では確定申告の必要はありません。

beginner
beginner
所得税がかからない場合があるなら源泉徴収なしがいいですね!
kurisan
kurisan
確かに20万円以下で所得税がかからにのはメリットです!しかし、投資の目的が長期の資産形成であればそもそも積立をしている譲渡益がでることはありませんよね!
beginner
beginner
確かにそうですね!投資の目的に合わせて選ぶことが大切なんですね!
kurisan
kurisan
そうなんです!これから投資を始めたいと思う方にとっては特別口座の源泉徴収ありがおすすめです!
kurisan
kurisan
普段はそもそも確定申告をする必要がありませんし、もしなんらかの事情で資産を売却して譲渡益がでた場合でもうっかり確定申告を忘れるなんてことも防げますので安心ですよね
beginner
beginner
なるほど💡

一般口座とは?

次に一般口座について説明していきます。

一般口座とは取引によって生じた損益を自らが計算をして、確定申告を行う口座

簡単に言うと計算も確定申告も全部自分でやらなきゃいけないという事です。

源泉徴収はもちろんありませんので、譲渡益が20万以下の場合は確定申告不要になり所得税が課税されないというメリットはありますが、その点については特定口座の源泉徴収なしと同じですので、一般口座である必要はありません。

beginner
beginner
計算も自分でやるのは面倒くさいかも…
kurisan
kurisan
そうなんです。なので源泉徴収あり・なしに関わらず特別口座の方ががおすすめです!

まとめ

今回の記事では「特別口座」と「一般口座」の違いについて説明してきましたがご理解いただけましたでしょうか?

最初にもいいましたが、結論としては「特定口座」がおすすめであり、多くの人にとっては「特定口座源泉徴収あり」がおすすめでしょう!

kurisan
kurisan
これでまた一歩資産形成のスタートが近づきましたね!

では今回はこの辺で(@^^)/~~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA