お金の教室【資産形成編】

ここだけは気を付けたい!投資信託の選び方!

投資信託で投資をスタートさせる人は結構多いのではないでしょうか?そこで一番悩まれるのがどの投資信託を選ぶべきか?という事だと思います。

まず前提として商品選択よりもアセットアロケーションを決めることが大切であることは以前の記事でもお伝えした通りです!参考☟

超重要!アセットアロケーション!商品を選ぶ前にまずやるべきことはアセットアロケーションを決めることです!この記事ではそもそもアセットアロケーションって何?と思う方にその意味と必要性を解説します。...

では同じアセットクラスならどのような投資信託でも良いのか?

答えは「No」です!

今回は、投資信託を選ぶうえでここだけは気を付けてほしいという点を紹介していきたいと思いますので、参考にしていただければと思います!

販売会社(どこで購入するか)に気を付けよう!

投資信託には大きく「販売手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」の3つの手数料があります。

その中でもまず気を付けてほしいのは「販売手数料」です。販売手数料はだいたい0%~3%程度です。

結論から言うと「販売手数料0%」の商品を購入すべき!

なぜ販売手数料に気を付けた方がいいのかというと、販売手数料は投資信託の販売会社に、販売の窓口となったことに対して支払うものであり、その手数料を払うことで結果として何も生み出すものではないからです。つまり、払うだけ損と言うことになります。

例えば「A投資信託」という投資信託を「販売手数料3%」と「販売手数料0%」で、毎月10,000円ずつ積立するとして比較した場合

「販売手数料3%」では販売手数料300円(10,000円×3%)が購入の都度(この場合は毎月)差し引かれるため、9,700円が毎月の運用の元本となります。

「販売手数料0%」では販売手数料はありませんので、10,000円が毎月の運用の元本となります。

正しくはここから信託報酬が差し引かれますが、説明上わかりやすくするために省略しています。

同じ投資信託ということは当たり前ですが運用成果も全く同じです!ということは販売手数料がかかる分、運用成果が同じでも最終的な資産額が劣るという事です!

では「販売手数料」はどうやって変わるのか?

それは「販売会社」によって異なります。つまり同じ投資信託でもどの「販売会社」で購入するかで販売手数料はことなるという事です。

現在は「ネット証券大手5社*」では投資信託の「販売手数料ゼロ」です。逆に伝統的な証券会社であったり、IFAと呼ばれる金融商品仲介業の方からの加入であれば「販売手数料」をとっている会社が多いと思います。

投資信託で積立投資を始めたい!と思う方は「ネット証券」で口座を開設して「販売手数料ゼロ」で始めるべきでしょう!

*ネット証券大手5社とは「SBI証券」「松井証券」「楽天証券」「マネックス証券」「auカブドットコム証券」 ※順不同

ちなみに私は「楽天証券」です!

信託報酬に気をつけよう!

「信託報酬」は「運用管理費用」つまり運用をプロに任せるための手数料になります。これは販売手数料のように「販売会社」により異なるものではなく「商品」ごとに異なるものになります。

信託報酬は低いもの(ETF除く)では0.2%を切るくらいのものから高いものでは2%を超えるものもあります。

次のグラフを見てください。これは毎月1万円を30年間積み立てた場合の比較です。

A:信託報酬0.2%・運用利回り6%

B:信託報酬2%・運用利回り6%

C:信託報酬2%・運用利回り8%

通常信託報酬は資産残高に対して日々計算されて差し引かれますが、簡便な比較として期末残高に対して年率で信託報酬を差し引いて計算しています

まずAとBは運用利回りは同じ6%ですが信託報酬がA0.2%と低く、Bは2%と高いものになっています。同じ運用利回りであれば信託報酬が低い方が圧倒的に結果が良いのがわかります。

次にBとCですが、信託報酬は同じ2%ですが運用利回りがBが6%、Cが8%なので当たり前ですがCが結果が良くなります。

ではAとCについてですが、信託報酬はAが0.2%とCが2%なのでAが1.8%低くなっています。運用利回りはAが6%でCが8%ですのでCが2%高くなっています。結果はと言うとほぼ同じです。

つまり、ほぼ信託報酬の差=運用利回りの差というこです。上記のケースでいうとBとCはAと比べて信託報酬が1.8%高いという事は、Aと比べて利回りが-1.8%からのスタートになるということです。

一般的に「インデックスファンド」は「信託報酬が低く」「アクティブファンド」は「信託報酬が高い」とされています。参考☟

インデックスファンドとアクティブファンドインデックスファンドとアクティブファンドの基本的な特徴についてわかりやすく解説します!...

ではどちらを選ぶべきかとういことですが、これについてはどちらが正しいという事はありません。

しかし、多くのアクティブファンドはインデックスファンドに勝てないと言われたいます。こちらをご覧ください。

出典:「敗者のゲーム<原著第12版>」チャールズ・エリス著/鹿毛雄二 訳/日本経済新聞社/2019.5.20出版

これは「敗者のゲーム」で紹介されているデータですが、見ていただくとわかるようにS&P500*(市場平均)に平均で70%は負けているとういことです。つまり市場平均の勝率が70%ということです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

敗者のゲーム原著第6版 [ チャールズ・D.エリス ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/9/22時点)

もちろん優秀なアクティブファンドは存在します。しかしながらこれから投資を始めようと思う方はインデックスファンドに投資をした方が圧倒的に勝てる可能性は高いと言えるでしょう!

「毎月分配型」には気を付けよう!

「毎月分配型」の投資信託とはその名の通り、毎月分配金がもらえる投資信託です!

まとまったお金、例えば退職金などで購入すると毎月お小遣いのように分配金が支払われる投資信託です。

えっ!毎月分配金がもらえるなんてハッピー(❁´◡`❁)

そう思った方はとっても危険です!

分配金には大きく2種類の分配金があります。それが「普通分配金」「特別分配金」です。

・普通分配金…収益からの分配金

・特別分配金…別名「元本返戻金」つまり元本を取り崩して支払う分配金

えーーーーっw(゚Д゚)w元本を取り崩して支払うって、その分元本が減るってこと(#°Д°)??

その通りなんです!毎月分配型の分配金は必ずしも収益の分配ではなく、ただ元本を取り崩して返しているだけということもあります!

結果として、気づいたら元本が半分になっていたなんてことも少なくありません…。

そして、毎月分配型の商品は信託報酬も高いケースが多いため、運用がうまくいかない場合、ただ高い手数料を払って元本を取り崩しているだけなんてことになりかねません。

毎月分配型を買うな!!とまではいいませんが、私は絶対に買いません!!(笑)

おすすめ!商品には気を付けよう!

その他の気を付けるべき点としては販売会社などの「おすすめ商品」にはできるだけ近づかないことです。

例えばよくお勧めの商品として販売されているのが「テーマ型投資信託」「ファンドラップ」などがあります。

「テーマ型投資信託」とは、例えば「AI」とか「5G」とかあるテーマに絞って投資先を選択しているような商品です。このような商品はアクティブファンドであり、手数料が比較的高いものが多いです。

また、お客様の目を引きやすいように今話題になっているようなものをテーマに選定します。既に話題になっているということは、もう世の中ではある程度成長した分野であり、新たにその分野で投資で成果をあげようとしても思ったような運用成果にならないことが多くあります。

しかし、販売会社は運用がうまくいくいかないは関係ないのです。なぜなら「販売手数料」と「信託報酬」で利益があがるからです。

「ファンドラップ」とは全てを証券会社に任せるという商品です。投資とか勉強して自分でやるのが面倒くさいから任せます!って感じですね。そして、任せてもらうかわりに手数料をもういますよ!と言う商品です。これもまた「手数料が高い」商品の代表です。

このように「おすすめ商品」とは「お客様の興味を引きやすく」そして販売会社の「利益」になりやすいものであり、必ずしも高い運用利回りが期待できるものではないことも多くあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は投資信託を購入するときに気を付けることを紹介しました。これが全てではありませんが、少なくともこのあたりの事を理解せずに商品を選ぶことはやめるべきでしょう!

このようなことを考えれば、私のように長期の資産形成として投資をしている、もしくはこれから始めたいという方にとっての最適解のひとつは

ネット証券で低コストのインデックスファンドによる積立投資

ではないかと考えます。

もちろん投資目的、リスク許容度など人により様々ですので、これが正解とはいいません。自分に合った投資スタイルをみつけて資産形成を行っていきましょう!

では今回はこの辺で(@^^)/~~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA