お金の教室【資産形成編】

2020年もあとわずか!今年一年の資産形成を振り返ろう!

2020年も残すところあと数日となりましたね!みなさんにとって今年一年はどのような一年だったでしょうか?

私は新しくブログやSNSによる情報発信を始めるなど新しい事にチャレンジすることが出来たことは満足しています。プライベートではコロナの影響もあり、遠出や外出などがあまり出来なかったのは少し残念に思います。

来年はコロナが一日でも早く落ち着き、普段の日常を取り戻せることを祈っています。

資産形成も一年の振り返りを!

資産形成を振り返ると言っても、運用成績がよかったのか?悪かったのか?と言った話ではありません。(もちろん運用の結果によるリバランスは必要です!)

ここでの資産形成の振り返りとは、簡単に言えば家計の振り返りです。過去の記事でも資産形成の基本は家計管理からだということは何度もお伝えしてきました。資産形成を行う上で適切な家計管理が出来るということは一番大切な事ですので、一年が終わるこのタイミングで一度しっかりと今年の家計について振り返って整理をしておきましょう!

kurisan
kurisan
早速家計を振り返っていきましょう!チェックすべきポイントは以下の3点です✔

①当初の計画通りの積立が出来たか?

②予想外の支出がどの程度あったか?

③ライフイベントの変化による収支の変化はあるか?

では1つずつ見ていきたいと思います。

①当初の計画通りの積立が出来たか?

まず1つ目については当初計画した通りに積立が出来たかどうかです。これは期待していたリターン以上の成果が出たかどうかということではありません。

例えば、毎月3万円積み立てると決めた計画を途中で変更することなく積立が出来たのか?ということだけです。そして変更なく積み立てることが出来たのであればそれでOKです!

beginner
beginner
えっ!それだけでいいんですか?
kurisan
kurisan
はい!たったこれだけでOKです!

長期の資産形成において当初の計画通りに積立を行うということは簡単な事のようですが、非常に大切なことです!

例えば、35歳の方が30年間で老後資金を3000万貯めることを資産形成の目標にして、期待リターン6%として毎月3万円を積立投資していたとします。この場合、毎月3万円を計画通り積立が出来れば30年後には約3000万円が貯めることが可能です。(資産形成の目標から積立額を決めていれば、当たり前ですが計画通り積立が出来れば目標は達成できます。)

しかし、毎月3万円の積立を始めたものの家計が厳しくなり、仮に毎月2万円しか積み立てが出来なかったらどうなるでしょうか?そうなると30年後に貯まっているお金は約2000万円です。毎月1万円の積立額の変更で30年後には約1000万円もの差が生まれてしまうのです。

このように積立額の変更というのは資産形成においては非常に重要なことなのです。とりわけ当初の予定と比べて積立額を減らさなければいけなかった方は資産形成のゴールが遠のいてしまいますので要注意です!

もう一度家計を見直して、なぜ予定通りの積立が出来なかったのか?を確認する費用があります。予定通り積立が出来なかったという方の多くは、資産形成を始めるうえでの家計の把握が上手く出来ていなかったことが大きな要因と言えます。一年間を振り返って、家計の収支を改めて整理をすることで削減できる支出があれば見直しを行い、またこれ以上の支出削減が厳しいのであれば、収入を増やすために副業を始めたりするなどの工夫が必要でしょう!

②予想外の支出がどの程度あったか?

続いては予想外の支出がどの程度あったか?という点です。

例えば、冠婚葬祭や災害による家屋や車等の損失などです。これらについて生活防衛資金をしっかりと貯蓄できており、それで対応できたという方は特に問題はないでしょう!

ただし、生活防衛資金が大きく減少したという方は、早めに生活防衛資金を貯めるための計画をしっかりと立てるようにしましょう。

また、①で予定通り積立が出来なかったという方の中には、このような予想外の支出によって積立が出来なかったという方もいらっしゃるかもしれません。そのような方はそもそもの生活防衛資金が足りていない可能性もありますので、まずは生活防衛資金を確実に貯めることを考える必要があるでしょう!

③ライフイベントの変化による収支の変化はあるか?

最後にライフイベントの変化についてです。ライフイベントとは結婚をした、子どもが生まれた、住宅を購入した、転職をしたなどの事です。これらは家計の収支に大きな影響を与えますので、ライフイベントに変化のあった方は家計をしっかりと見直して、これまでの資産形成の計画から変更が必要ないかを確認する必要があるでしょう!

転職をして収入が増加したなど収入が増えるようなライフイベントであれば、あまり影響はないでしょうが、それ以外のライフイベントは支出が増える傾向がありますので、今後どのような支出が想定されるのか?これまでの生活費と比べてどれくらい支出が増えそうなのか?などを出来る限り把握して、家計が適切に管理できるかを確認しておきましょう!

beginner
beginner
資産形成を計画的に行っていくためには定期的に家計を整理しておくことも大切ですね!
kurisan
kurisan
そうですね!資産形成の基本は適切な家計管理です!一年に一度くらいはしっかりと振り返って整理しておきたいですね!

 

ということで、今回の記事で2020年の投稿は最後になります。8月末からブログをはじめて、まだまだ見ていただいている方も少ないブログですが、見ていただいた方からの反応などを頂くことが出来て本当によかったと思います。ブログを見て下さった皆様、2020年本当にありがとうございました。2021年も少しでも皆様のお役に立てる情報を発信していけるように努めていきたいと思いますので、来年も是非よろしくお願いいたします。

コロナの感染拡大が続く中で、いつもとは違う年末年始になるかと思いますが、皆様にとって2021年という新しい一年がよりよい年になりますことを心より祈念しております。

それではよいお年をお迎えください!

kuritaro
kuritaro
みんなありがとう!また来年👋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA